會社トピックス
ホーム>>メディア>>會社トピックス

錦江航運第一期第4回黨代表大會、第五期第七回労働組合代表大會、従業員代表大會および2019年度業務會議を開催

人気ブラウズ:(5432) 発布時間:2019-03-13
分かち合うまで:

       2019年2月27日、錦江航運の第一期第四回黨代表大會、第五期第七回労働組合代表大會、従業員代表大會および2019年度業務會議が成功裏に閉幕した。
    會議では、當社の2018年度の業務を総括し、2019年度の各目標と任務の計畫が行われた。出席者らは、黨委員會副書記や総経理による行政活動報告『苦難を乗り越え、穏やかな成長を求め、企業の改革?発展のための新たな道を切り開く』に真摯に耳を傾けたほか、黨委員會副書記、規律委員會書記による黨委員會活動報告『航行の舵を切って、企業の心を作り、黨が生み出す成果をもとに企業の新たな発展を牽引する』を熱心に聴き、これを審議した。會議ではさらに錦江航運2019年度の規律委員會活動報告、錦江航運2019年度労働組合活動報告、錦江航運2019年度共産黨青年団委員會活動報告およびその他の事柄についても審議が行われた。出席者らは報告について熱い議論を交わし、実感と考えについて語り、意見を述べて提案を行い、任務を明確にし、コンセンサスを形成した。
       董事長、黨委員會書記は重要談話を発表、當社が直面している挑戦について分析し、それに対応するための考え方や対策のほか、業務への具體的な要求を打ち出し、2019年の各種業務を展開する上での方向性を明確にした。
     2019年は「穏やかな成長」という基本原則を堅持し、穏やかに順を追って任務の整理統合を行うという前提の下、會社の長期的な発展のための計畫を立てる。まず、會社の経営目標の全面的な達成を目指す。次に、穏やかに順を追って業務と任務の整理統合を行う。第三に、企業運営のさらなる質的向上を目指す。第四に、各レベルの管理職の職務遂行および管理能力を引き上げる。第五に、黨の建設に関する管理水準の向上を目指す。2019年、錦江航運の構造転換?発展は重要な時期を迎え、整理統合の実施段階に入る。錦江航運は黨の十九大の精神を指標とし、自らが発展のための重要な時期にあることを十分に認識し、上港集団の指導と支えの下、さらに資源配分力の向上を図り、経済運営の質を引き上げ、初心を忘れず、試練や困難を乗り越えて前進し、ゆるぐことのない発展の信念と諦めることのない仕事への情熱、向上心に燃える前途有望な精神をもって、上港集団の航運分野建設において新たな局面を切り開くよう努め、上海を國際海運の中心地としていくうえでも、これを體現していく所存であるとした。
     錦江航運の黨代表、従業員(労働組合)代表も會議に出席した。非公式の代表であるグループ會社本社の補佐以上の中堅幹部、派遣されている財務責任者、會員の所屬部署の指導チームのメンバーおよび部門の責任者、チーム?組織の責任者、公休のシニア乗組員代表なども會議に出席した。



重庆快乐十分走势图牛